正しく服用使ってプロペシア~用量を守り副作用を防ぐ~

錠剤

薬を服用する

AGA治療薬としてのミノキシジル

錠剤

AGAの基本的な治療方法は、薬を服用しての治療になります。使われれている薬は基本的に2種類であり、フィナステリドとミノキシジルになります。フィナステリドは薄毛の要因である男性ホルモンのはたらきを抑制させることができ、抜け毛の進行を阻害するのに効果があります。一方、ミノキシジルですが血管を拡張させるはたらきがあります。血管が拡張するので血流がよくなり毛根まで栄養が行き届きやすくなります。そうすることで、毛母細胞が刺激されることにより発毛促進されます。いずれの薬も医師の処方箋がないと購入できない薬ですが、ミノキシジルに関してはこれが含まれている育毛剤も簡単に購入ができます。価格としては5000円から8000円程度になります。

副作用について理解しておく

フィナステリドとミノキシジルどちらも副作用のリスクがあります。フィナステリドは、男性ホルモンを抑制させますので性欲減退、また使い始めに抜け毛た大量に増えてしまうといった副作用があります。そしれしフィナステリドは男性専用の薬です。妊娠中の女性には使えないといったことがあるため女性が使用するにはミノキシジルであれば使用ができます。そのミノキシジルにも副作用のリスクがあります。もともとは高血圧の方のための薬ですので、血圧が正常な人が使うと低血圧になってしまうことがあるのです。また、体毛が濃くなるといった副作用があります。その他にも脈拍数が増えてしまうこともありますので、そのような体に支障をきたすような症状が出た場合には医師にすぐ相談です。